初心者のためのキャッシング入門

HOME >>  キャッシングの返済方法の種類

キャッシングの返済方法の種類

キャッシングでお金を借りたら、今度はお金を返済しなくてはなりません。借りたものは返す、世界の常識ですね。ただ、キャッシングの場合は返済方法がいくつかあり、それによってメリットなどが変わってきます。たとえば、最も分かりやすいのが「一回払い」でしょうか。これは特に説明もいらないレベルですね。要は次の返済日に借り入れした金額を全て返して、綺麗に終わらせる方法です。借入額プラス利息を返済。分かりやすく簡潔です。

次に「分割払い」もひとつの方法。こちらは一括で返済するのではなく、何度かに分けて返済。これによって返済の負担を減らすことが可能です。回数については3回や6回など、借入額と相談しつつ決めていきます。後から返済回数を増やすことはできないので注意。ちなみに分割払いには、元金だけを固定する「元金均等返済方式」と、元金と利息分を固定してしまう「元利均等返済方式」の2種類が存在します。前者は完済に向けて返済額が減っていくのが特徴。後者は完済までずっと金額が変わらないのが特徴です。

最後に紹介するのは「リボルビング払い」通称「リボ払い」というやつです。有名なので名前くらいは聞いたことがあるでしょう。これは消費者金融などから借りた金額の「総額」を毎月返済するシステム。分割払いとよくごっちゃになりがちですが、分割払いは追加で借り入れを行うとその分は別の借り入れとなるのに対し、リボ払いの場合は追加分もまとめての返済となります。どちらがいいかは人それぞれでしょうか。

リボ払いの場合は追加の借り入れを行っても返済額が変わらないので月々の負担は小さいわけですが、どうしても長期戦になるデメリットを持っています。長期戦になると、それだけ利息がアップすることもあるので注意です。ちなみに、リボ払いについては支払回数が決まっていません。基本的に金額だけを決定し、完済まで支払っていく方式。このあたりも分割払いとは違いますね。

© 2016 初心者のためのキャッシング入門 All Rights Reserved.