初心者のためのキャッシング入門

HOME >>  キャッシングを利用する流れ

キャッシングを利用する流れ

何にでも言えることですが、事前におおまかな流れを知っておくと物事がスムーズに運びますよ。ですので、キャッシングも利用する前に流れをザッと見ておきましょう。まずは何といっても申し込み。最近は気軽さからインターネットが主流となっているようですが、来店や郵送といったアナログな手段にも対応していますよ。あらかじめインターネットで必要な情報を入力したのち、来店して審査を終わらせる手段もあります。

この時、入力するのは連絡先や仕事、住まいや家族構成と言った個人情報。これがのちのちの審査の判断材料とされます。申し込みの際には本人確認のために運転免許証やパスポート、健康保険証と言った書類が必要です。このように申し込みが終わったら次は審査。会社側が本当にお金を貸しても大丈夫なのか、お金を貸してきちんと還ってくるのかを個人情報から判断し、信用に値すると評価されれば審査通過となります。

審査の時には信用情報センターに問い合わせが行われ、他社の借り入れ情報についてチェックされます。実は借入金額については年収の3分の1以下でなければならないという法律があるため、この時点で3分の1を超えていると審査に通りません。ただ、銀行カードローンの場合はこの法則が適用されないため、3分の1を超えていても借り入れらえる可能性があります。

審査が終わり、通過となればついにキャッシングが可能に。インターネットで申し込んだ場合はカードの到着を待ち、到着後はコンビニや銀行などにあるATMでお金を借り入れることができるようになります。最近はカードを待たずとも自分の口座に振り込んでもらうシステムもあるようです。自分に合った方法で借り入れを行いましょう。キャッシング利用までの流れは以上のような感じでしょうか。当然ながら、キャッシングを利用した後には返済が待っており、完済して初めてすべての流れが終了となります。テレビCMで耳タコかもしれませんが、ご利用は計画的にです。

© 2016 初心者のためのキャッシング入門 All Rights Reserved.