初心者のためのキャッシング入門

HOME >>  キャッシングの利息の計算方法

キャッシングの利息の計算方法

キャッシングを利用した時に気になるのが利息。これが無ければ気兼ねなく借りられるわけですが、当然ながらそれは不可能な事。そのため、キャッシング利用の際は常に利息を計算しておくべきでしょう。と、言っておいてなんですが、計算方法の前に利息について少し。キャッシングにおける年利は18%を上限にしている業者が多く、これ以上となると悪徳業者の可能性が出てくるので注意してください。

さて、今回はこの年利18%を基準に計算方法を紹介していくわけですが、そもそも「年利」が何なのかみなさんはご存知でしょうか。年利というのは年間にかかる金利のこと。要は1年間の借り入れを行えば、ちょうど18%の利息が上乗せ。単純に10万円を借りた場合、1年間にかかる利息は1万8000円ということです。ただ、年間の利息を出されても分かりにくいですよね。どちらかと言えば、知りたいのは月々の利息です。これも簡単に計算で出すことができ、式としては「借入額×年利÷365(1年)×30(1ヶ月)」となります。

これを先ほどの金額で計算してみると「10万×18%÷365×30=1480」です。すなわち、年利18%のキャッシングで10万円の借り入れを行った際、月々に返済する利息は1480円ほどということ。うるう年などで多少は分かるかもしれませんが、大差はないでしょう。これをもう少し簡単にした計算式に「借入額×年利÷12(1年)」も存在します。こちらに先ほどの数値を当てはめると「10万×18%÷12=1500」となります。20円ほどの差が生じましたが、概ね同じくらいの金額となりました。細かい数値まで求めない場合は、こちらの計算の方が楽だと思います。

ちなみに、身も蓋もない話ですが、ネットを検索すれば簡単に利息を知ることが出来るシミュレーションも出てきます。自分での計算がどうしても面倒だという場合は、これを使うのもひとつの手でしょう。ただ、頻繁にキャッシングを使う方は計算式を頭に入れておくと便利ですよ。

© 2016 初心者のためのキャッシング入門 All Rights Reserved.