初心者のためのキャッシング入門

HOME >>  キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンの違い

急にお金が必要になった時、便利なサービスがキャッシングやカードローンといったサービスなわけですが、一体これらは何が違うのでしょうか。名前だけが違って実は同じものという訳ではないようなので、具体的な違いを見ていきましょう。まずキャッシングというのは、その名の通りキャッシングカードやクレジットカードを使ってお金を借り入れるサービスのこと。ATMや消費者金融の窓口などを使って借り入れを行います。借り入れの前には審査があり、それを通過することで借り入れ可能に。上限については契約内容で決められています。

これに対してのカードローンはと言えば、カードを使って借り入れる部分も、窓口やATMを使う部分も、審査がある部分も、基本的に同じです。では、いったい何が違うのかと聞かれれば、これは返済方法。実はキャッシングの場合は一括払いでの返済が基本になっているのに対し、カードローンの場合は分割払いが基本になっているのです。どちらが良いのかは微妙なところ。

キャッシングの一括の方が確実に利息を抑えることができますが、借入金額が大きいと一括が難しい場合もあります。逆にカードローンは分割払いで返済時の負担は減りますが、代わりに利息で支払う金額がおおくなりがち。完済までに期間が必要なのも考え物です。また、キャッシングとカードローンは融資額の部分でも差がでます。キャッシングの場合は小口での融資が基本で多くても50万程度ですが、カードローンの場合は数百万単位の大口融資をしてもらうことも可能です。そのため、返済方法も変わってくるのでしょう。おおよその違いはこのような感じ。

簡単に言えば一括で返済できる少額ならキャッシング。多くの融資を期待したいならカードローンと言ったところでしょうか。どちらを利用するかは、その時の状況に合わせて判断するのが一番。この情報を頭に入れておき、お金が必要なった場面でどちらが適切か考えてみましょう。

© 2016 初心者のためのキャッシング入門 All Rights Reserved.